MUGEN Lifebar

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

ここでは参考程度に書いているので、c言語のprintfフォーマットとかで検索した方がよくわかると思います。
フォーマット出力
%c1文字だけ出力する。
%d10進整数 (符号付)で出力する。
%e浮動小数点数 (指数形式)で出力する。
%f浮動小数点数 (小数形式)で出力する。
%g浮動小数点数で出力する。
%i%dと同じ?で出力する。
%nバグが発生しやすい、危険なので使用しないでください。詳しく知りたい方は、「%nバグ」で検索してください。
%o8進整数
%pアドレスを16進数で出力する。
%s文字列を出力する。
%u10進整数 (符号無)で出力する。
%x16進整数で出力する。
%%%を出力する。
フォーマット指定子の補足 細かい補足
  • TextでLayerNoを使用すると表示されない?
  • MidでTextは見えないかもしれない
  • Frontだとかけて見える可能性あり
  • PowerBarではテキストは使用できない
  • フォーマット指定子は複数指定できる。想定以上書いた場合は、何の値が書き込まれるかは謎。
  • %c,%s,%p,%nはMUGENが落ちる原因になりやすいので、取り扱いには注意。
[補足]基本的にライフバーで、フォーマット指定子が利用できるのは、 [Combo]の「Text.Text, team1.Text.Text, team2.Text.Text」 [Round]の「round.default.text, win.text, win2.text」
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事に不備があった場合

不備があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。

記事を編集してみませんか?

ページ編集・翻訳にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。

We are looking for someone who can cooperate on page editing / translation. Please feel free to contact us.