MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

Cond

条件分岐 > 条件によって結果を変えたい場合 | 実装されたバージョン: Version1.0 |


概要

条件式の真偽に合わせた結果返します。

構文

  • Cond(条件式, 条件が真の時の処理, 条件が偽の時の処理)

詳細

条件式で真(0以外)か偽(0)かを判定して、処理結果を返します。返せる値は整数と小数と真偽のみで、文字列は返せません。

入れ子( Cond(var(0)=1,IfElse(var(1)=0,1,2),0) )にすることも可能です

IfElseとほぼ同じで、条件式の真偽に合わせた結果返します。違う点は処理の流れで、IfElseは条件式の真偽の結果にかかわらず条件が真の時の処理・条件が偽の時の処理が実行さます。Condは条件式の結果で条件が真の時の処理・条件が偽の時の処理のどちらかの処理が実行されます。

IfElse(var(1):=1,var(1):=var(1)+1,var(1):=var(1)+1);var(1)の値は3になります。

Cond(var(1):=1,var(1):=var(1)+1,var(1):=var(1)+1);var(1)の値は2になります。

関連するトリガー: IfElse


バージョンごとの変更点・バグ・エラー・仕様

バージョン 内容
Version1.0から リダイレクト先の変数を直接書き換えることが可能。
Version1.0から fvar(40)に代入するとsysvar(0)に浮動小数点のデータが入ってしまいます。
Version1.0から var(60)はfvar(0)に入ってしまうようです。こちらは基本的に0が入るようです。
  
公開日:
最終更新日:
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事を編集してみませんか?

問題点があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。また、ページ編集にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。Please report any problems to the Github · Twitter · suteadddayov@gmail.com. In addition, we are looking for the person who cooperate with page editing and translation. Please do not hesitate to contact me.