MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

GetHitVar

> | 実装されたバージョン: 2002.04.14 |


概要

攻撃を受けてmovetypeがHのステートにいるとき、相手のHitDefで設定された各値を参照できます。

構文

  • GetHitVar(AnimType)
  • GetHitVar(GroundType)
  • GetHitVar(AirType)
  • GetHitVar(Damage)
  • GetHitVar(HitShakeTime)
  • GetHitVar(HitTime)
  • GetHitVar(HitShakeTime)
  • GetHitVar(SlideTime)
  • GetHitVar(CtrlTime)
  • GetHitVar(RecoverTime)
  • GetHitVar(HitCount)
  • GetHitVar(FallCount)
  • GetHitVar(XVel)
  • GetHitVar(YVel)
  • GetHitVar(YAccel)
  • GetHitVar(Fall)
  • GetHitVar(Fall.Damage)
  • GetHitVar(Fall.XVel)
  • GetHitVar(Fall.YVel)
  • GetHitVar(Fall.Recover)
  • GetHitVar(Fall.RecoverTime)
  • GetHitVar(ChainID)
  • GetHitVar(Guarded)
  • GetHitVar(IsBound)
  • GetHitVar(XVelAdd)
  • GetHitVar(YVelAdd)
  • GetHitVar(Type)
  • GetHitVar(XOff)
  • GetHitVar(YOff)
  • GetHitVar(ZOff)
  • GetHitVar(Fall.Kill)
  • GetHitVar(Fall.Envshake.Time)
  • GetHitVar(Fall.Envshake.Freq)
  • GetHitVar(Fall.Envshake.Ampl)
  • GetHitVar(Fall.Envshake.Phase)

詳細

movetypeがH以外の場合、たとえ共通やられステート(5000番台)にいても0しか返しません。書式: GetHitVar(パラメータ名)概要:パラメータ名は以下の文字列から指定します。詳しい内容については詳細を参照のこと。xveladd, yveladd, type, animtype, airtype, groundtype, damage, hitcount, fallcount, hitshaketime, hittime, slidetime, ctrltime,recovertime, xoff, yoff, zoff, xvel, yvel, yaccel, hitid, chainid, guarded, fall, fall.damage, fall.xvel, fall.yvel, fall.recover, fall.time, fall.recovertime.戻り値の型:パラメータに依存します。詳細を参照のこと。詳細:xveladd: KOされたときの横方向の加算速度を返します。(float)yveladd: KOされたときの垂直方向の加算速度を返します。(float)type: HitDefのtypeパラメータを数字で返します。: 0 - non, 1 - high, 2 - low, 3 - trip (地上ヒット時のみ) animtype:HitDefのanimtypeパラメータを数字で返します。(0 - light, 1 - medium, 2 - hard, 3 - back, 4 - up, 5 - diag-up)airtype: HitDefのairtypeパラメータを数字で返します。groundtype: HitDefのgroundtypeパラメータを数字で返します。damage: コンタクトの瞬間のみ、ダメージ値を返します。ガードのときは、削りダメージを返します。(int)hitcount:攻撃をうけている間のヒット数を返します。3ヒット目なら3を返します。画面に表示されているヒット数ではなく、自分が受けたコンボのヒット数です。(int)fallcount: 攻撃をうけている間の、地面に落下した回数を返します。(int)hitshaketime:攻撃を受けてブルブルする時間の残り時間を返します。具体的には、ヒットの瞬間にHitDefのpausetimeを返し、0になるまで1フレームにつき1づつ減っていきます。(int)hittime: ヒット(ガード)が終了するまでの残り時間を返します。(int)slidetime: 地上ヒット(ガード)時、スライドが終了するまでの残り時間を返します。(int)ctrltime: ガード時、コントロール可能になるまでの残り時間を返します。(int)recovertime:ダウン状態から起き上がるまでの残り時間を返します。ボタン連打で短縮されます。(int)xoff: "Snap" の x オフセットを返します。(謎)yoff: "Snap" の y オフセットを返します。(謎)zoff: "Snap" の z オフセットを返します。(謎)xvel: 横方向の速度を返します。(float)yvel: 垂直方向の速度を返します。(float)yaccel: 垂直方向の加速度を返します。(float)chainid: HitDefのchainidを返します。(int)guarded: ガードのとき1を、それ以外で0を返します。(int)fall: fallのとき1を、それ以外で0を返します。(int)fall.damage: 落下で受けるダメージを返します。(int)fall.xvel: 落下バウンド時の横方向の速度を返します。(float)fall.yvel: 落下バウンド時の垂直方向の速度を返します。(float)fall.recover: 空中復帰(x+y)が可能なとき1を、それ以外のとき0を返します。fall.recovertime: 空中復帰(x+y)が可能になるまでの残り時間を返します。(int)fall.kill: HitDefのfall.kill パラメータを返します。(int)fall.envshake.time: HitDefのfall.envshake.time パラメータを返します。(int)fall.envshake.freq: HitDefのfall.envshake.freq パラメータを返します。(float)fall.envshake.ampl: HitDefのfall.envshake.ampl パラメータを返します。(int)fall.envshake.phase: HitDefのfall.envshake.phase パラメータを返します。(float)使用例:Trigger1 = GetHitVar(yvel) < -5.5攻撃を受けたときのY方向への吹き飛び速度が-5.5未満だったときのトリガー。

  

コードサンプル


公開日:
最終更新日:
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事を編集してみませんか?

問題点があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。また、ページ編集にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。Please report any problems to the Github · Twitter · suteadddayov@gmail.com. In addition, we are looking for the person who cooperate with page editing and translation. Please do not hesitate to contact me.