MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

MoveContact

> | 実装されたバージョン: 2002.04.14 |


概要

プレイヤーの攻撃が相手に接触したかどうかを返します。

構文

  • MoveContact

詳細

攻撃判定のあるステートでのみ効果のあるトリガーで、プレイヤーの攻撃がヒット、ガードにかかわらず相手に接触した場合、1を返します。winmugenでは仕様が異なり、接触してからの時間を返します。cmdファイル内で"StateNo"、"Command"と組み合わせ、キャンセル条件としてよく使われます。書式: MoveContact概要: なし戻り値の型:Dos版はboolean int (1 or 0)Win版はint詳細:Win版では、攻撃が接触した瞬間に1を返し、以降、同じステートにいる間は、1フレームに1ずつ増加します。ただし、pausetime中は増加しません。この仕様は、MoveGuarded、MoveHit、MoveReversedで共通です。注意1MoveContact、MoveGuarded、MoveHit及びMoveReversedは、同時にそれぞれの値がセットされます。例えば、あるHitDefがヒットし、MoveHitが0以外を返したとします。その攻撃中に、同じHitDefがガードされた場合、MoveGuardedが0以外を返すと同時に、他の3つは0を返します。注意2上記4つのトリガーは、ステートが変わると0になり、増加も止まります。直前のステートのヒット状態を引き継ぎたい場合は、StateDefの冒頭で、"movehitpersist = 1"を指定する必要があります。使用例:Trigger1 = MoveContactプレイヤーの攻撃が空振りしなかったときのトリガー。Trigger1 = MoveContact = 1こう記述すると、DosとWinで差が出ます。Dosでは「攻撃が接触してからステートが終了するまで」を意味しますが、Winでは「攻撃接触後1フレーム目(ヒットポーズが終わった瞬間)」を意味します。

  

コードサンプル


公開日:
最終更新日:
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事に不備があった場合

不備があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。

記事を編集してみませんか?

ページ編集・翻訳にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。

We are looking for someone who can cooperate on page editing / translation. Please feel free to contact us.