MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

ProjGuarded

> | 実装されたバージョン: 2002.04.14 |

概要

プレイヤーのProjectile(飛び道具)がガードされたか、されていないかを判定し、真偽を返します。

構文

  • ProjGuarded[ProjectileのID] = 値
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 = 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 != 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 < 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 > 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 <= 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID] 値 >= 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] = 値
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 = 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 != 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 < 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 > 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 <= 値2
  • ProjGuarded[ProjectileのID,ProjectileのID] 値 >= 値2

詳細

また、そのときの時間条件を指定することもできます。IDを指定することもできますが、引数として指定するのではなく、接尾辞として括弧で括らずに記述します。省略した場合は、プレイヤーの全てのProjectileが対象となります。使いにくい旧式トリガーなので、複数のProjectileを扱う場合でなければ、ProjGuardedTimeの方を使った方がよいしょう。もちろん、単体ではファンクショントリガーとして使用できません。概要: [ProjectileのID]には、ProjectileをID指定したい場合に、ID番号を整数で指定します。省略可。値1には、ガードされたかを調べる場合1を、ガードされていないかを調べる場合0を指定。値2には、比較する時間を指定します。戻り値の型: boolean int (1 or 0) 詳細: 複数ヒットする場合、1ヒットごとに判定します。様式1は、MoveGuardedとは異なり、ガード後1フレームしか値を返しません。様式2は、正の整数nが条件式"n [符号] 値2"を満たす場合、ガードされてからnフレームの間、真を返します。ID番号に0を指定した場合、省略時と同じく、全てのProjectileが対象となります。

コードサンプル

ID1234のProjectileがガードされた瞬間のトリガー。

  • Trigger1 = ProjGuarded1234 = 1

プレイヤーのProjectileがガードされてから15フレーム未満のときのトリガー。

  • Trigger1 = ProjGuarded = 1, < 15

公開日:
最終更新日:
目次
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事に不備があった場合

不備があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。

記事を編集してみませんか?

ページ編集・翻訳にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。

We are looking for someone who can cooperate on page editing / translation. Please feel free to contact us.