MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

ProjGuardedTime

> | 実装されたバージョン: 2002.04.14 |

概要

プレイヤーが最後に放出したProjectile(飛び道具)が指定したID番号の場合、そのProjectileが相手にガードされてからの時間を返します。

構文

  • ProjGuardedTime(ProjectileのID)

詳細

引数として、正の整数をID番号として指定することを必要とします。IDに0を指定した場合、チェックされません。これらの条件に該当しない場合、-1を返します。書式: ProjCancelTime(引数) 概要: 引数には、調べたいProjectileのID番号を、0または正のintで指定します。省略不可。戻り値の型: int また、IDに負数を指定した場合、0を返します。使用例: 1. Trigger1 = ProjGuardedTime(1234) = 1 ID1234のProjectileがガードされた瞬間のトリガーです。 2. Trigger1 = ProjGuardedTime(0) != -1 && ProjGuardedTime(0) < 15 プレイヤーのProjectileがガードされてから15フレーム未満のときのトリガーです。

コードサンプル


公開日:
最終更新日:
目次
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事に不備があった場合

不備があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。

記事を編集してみませんか?

ページ編集・翻訳にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。

We are looking for someone who can cooperate on page editing / translation. Please feel free to contact us.