MUGEN Trigger

MUGENで良いキャラを作るポイントは… 「良いキャラのソースコードを読む」->「コピペ」->「記述を理解」->「自分でアレンジ」

ScreenPosY

> | 実装されたバージョン: 2002.04.14 |


概要

プレイヤーの画面上での絶対座標(画面に対する相対座標)を返します。

構文

  • ScreenPos Y

詳細

Posとは異なり、座標がステージに依存しないのが特徴。書式: ScreenPos [要素]概要:[要素]には、 Xまたは Yを指定します。間の半角スペースは、必須です。戻り値の型:floatですが、float型のパラメータをとるステートコントローラでも、floatを返すトリガーをそのまま指定すると、なぜかエラーとなる場合が多いです。floorやceilと併用するようにしましょう。詳細:ScreenPos X は、画面左端が0、それより左側(つまり画面外)が負、右側が正です。ScreenPos Y は、画面上端が0、それより上側(つまり画面外)が負、下側が正です。使用例:Trigger1 = ScreenPos Y = [0,239]プレイヤーの垂直座標が画面内にあるときのトリガーです。

  

コードサンプル


公開日:
最終更新日:
この記事は役に立ちましたか?
ご意見・ご要望はございますか?
記事に不備があった場合

不備があればGithubTwittersuteadddayov@gmail.comにご報告下さい。

記事を編集してみませんか?

ページ編集・翻訳にご協力いただける方を募集しております。お気軽にご連絡下さい。

We are looking for someone who can cooperate on page editing / translation. Please feel free to contact us.